インプラントで歯の悩みを解決

あらゆる悩みもインプラントでスパッと解決!

保険がつかえる治療もある?

インプラントの治療は最近まですべて保険の適用外となっていました。
それは一体どういった理由から来ていたのでしょうか。
インプラントは歯を失った人の治療法として非常に優れたものですが、法律の上では歯の見た目が良くなるという「審美性」に重きが置かれているのです。
歯を失った人に対しての保険治療は審美性を別にすればインプラント以外の治療法であるブリッジや入れ歯などを用いれば良いとされてきたのです。
実際はほかにもいろいろなメリットがあるのですが、なかなかインプラントが保険適用とされることはありませんでした。
しかし、2012年4月にインプラントに関連する法改正が行われました。
この法改正によっていくつかの条件を満たせばインプラントの治療に保険が適用できるようになったのです。
保険が適用されることになるとこれまでの全額自費の自由診療の治療とは異なり、今までよりもずっと安くインプラントが受けられるようになるでしょう。

ただし、インプラントで保険を適用するためには、かなり厳しい条件があります。
その条件とは、以下のものになります。

・「病院」で治療を受けること(診療所などのいわゆる「街の歯医者さん」では無理)
・腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等の理由により、広範囲な顎骨の欠損または歯槽骨の欠損がある場合
に限られます。

その中でも上あごの欠損理由は病気や事故に限られ、廊下や歯周病が原因であるときには保険が適用できません。
つまり、仕方のない理由で上あごを欠損した重賞の患者が大学病院などで治療する場合などが当てはまります。
気軽に街の歯科医院で1本からの治療を行う場合には保険は適用されません。
ちなみに、保険適用されたインプラント治療料金は、上顎すべての治療で約9万円程度のようです。
これまでの1本40万円からと比べてみるとおどろくほど安いですよね。
保険適用した安い治療料金でインプラントを受けるのは、やはりまだ難しいみたいですね。